株式会社コハマ 行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年1月1日~平成30年12月31日までの 3年間

2.内容

目標1年次有給休暇の取得状況を現状よりも改善する。

<対策>

●平成28年1月~ 年次有給休暇の取得状況について実態を把握
●平成28年4月~ 計画的な取得についての検討開始 取得状況の見える化
取得率20%未満をなくすための課題を洗い出し、対策を行う
●平成29年4月~ 平均取得率を向上させるための課題を洗い出し、対策を行う

目標2子の看護休暇制度を拡充する(子の対象年齢の拡大、半日単位での取得を認めるなどの利用しやすい制度の導入)

<対策>

●平成28年1月~ 従業員のニーズの把握、検討開始
●平成28年4月~ 検討開始
●平成29年4月~ 制度導入 従業員への周知

目標3所定外労働を削減するため、残業減少の意識を継続させるとともに、休日出勤をゼロに近づける。

<対策>

●平成28年1月~ 所定外労働の現状を把握
●平成28年4月~ 朝礼において、定期的に、残業時間の減少への意識化をはかる。
残業および休日労働の可能性のある業務やシーンの洗い出しを行い、対策を検討する。
●平成29年4月~ 昨年度の実績をもとに、対策を検討し実施する
●平成30年4月~ 昨年度の実績をもとに、対策を検討し実施する

目標4産前産後休業や育児・介護休業などの、制度の周知や情報提供を行う。

<対策>

●平成28年4月~ 管理職の研修 パンフレット等による従業員への周知